English

【トロント】TOEIC海外受験の申し込み方法、効率の良い勉強方法を紹介します

こんにちは!!

カナダのトロントでワーホリ中のあんずです。

トロントで学生ビザからのワーホリビザの切り替えに時間がかかってしまい、その間何かに没頭したかったので3週間ほど本気でTOEICの勉強をして675→885になりました。

そこで本日はTOEICの海外受験について、トロントで参考書が少ない中で効率よくTOEICの点数を上げる勉強法を紹介します。

うさちゃん
うさちゃん

・どうやって予約するの?受験料は?

・いつ結果がかえってきた?

・参考書持って来てないけどどうやって効率よく勉強したらいい?

本日はこのような質問にお答えする記事を書いていきます。

 

あんず
あんず

日本ではやはり就活の際にTOEICが重視されているため、日本に帰国してすぐ就活を開始する方などに留学先で点数を出してから帰るのがオススメです。

 

カナダでTOEICの申し込み

申し込み方法

こちらの公式予約サイトから予約ができます。

月に1回の頻度で行われています。

あとは受けたい日付を選択し個人情報を登録していくだけです!

受験料

受験料はUSドルで$100、CAドルで$130ほどでした。

日本と比べると2倍くらいしますね(汗)

あんず
あんず

値段が高かったのでこのお金を無駄にしないぞ!!!とおもって勉強を頑張れました(笑)

カナダのTOEICの持ち物や試験の流れ

持ち物

・パスポート(身分証明)

・受験票のコピー(メールを印刷)

・COVIDのワクチン摂取証明書

・(鉛筆と消しゴム)

会場に着いたらパスポート、受験票、COVIDのワクチン摂取証明書を見せました。

その後待合室で待機し、時間になると試験を受ける机に案内されました。

机の上には消しゴムと鉛筆が用意されていました

最初は試験監督の説明を受け名前などの個人情報を記入しその後試験が開始しました。

 

あんず
あんず

なんとリスニングとリーディングの合間に5分の休憩がありました!

日本ではこの休憩はないので2倍のお金払っただけありました(笑)

 

結果が届くまでの期間

私はちょうど2週間で結果の封筒が届きました!

日本だと封筒が届くまでに1ヶ月ほどかかった覚えがあるのでカナダの方が早いですね!

しかし日本では2週間経つとネットで結果が見れますがカナダで受けるとそれが見れないので結果が知れるのは同じ2週間後ですね!

 

カナダでTOEICの効率の良い勉強の仕方

スタディーサプリ(TOEIC対策)



カナダにいると英語環境で生活ができるため英語力は少しづつ伸びてはいきますが、TOEICで高い点数を取るにはTOEIC用の英語対策をするのが効率が良いです。

しかしカナダに来る際にTOEIC用の参考書などを持って来てなくこちらでなかなか手に入らないので私はスタディーサプリを使ってTOEIC対策をしました。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!
こちらから1週間の無料体験ができるのでぜひ試してみてください。



このように毎日練習問題を解きまくるうちにだんだんとコツがわかってきて点数が伸びていきました。

解説もとてもわかりやすく本気でTOEICを受ける友達みんなにオススメしているアプリなので無料体験でぜひ試してみてください☆

あんず
あんず

たとえ答えがあっていてもなんどもこのアプリを使って音声を聞き直したり、文を読み直したり復習を徹底的にしたことで短期間で成果を出すことができたのかなと思っています。

 

単語は王道の金フレ

たまたま金フレという王道のTOEICの単語帳は持って来ていたのでそれを使って単語の復習をしました。

あんず
あんず

単語だけを覚えるのではなく文全体で音声を聞きながら瞬間で英語から日本語に訳せるまで繰り返しました。


 

最後に

あんず
あんず

最後まで読んでくださりありがとうございます。

この記事が少しでも役に立ったら嬉しいです。

他にもカナダ留学についてたくさん私の体験を発信しているのでよければのぞいて見てみてください☆

キャンブリー(Cambly)の評判・口コミ・メリット・デメリットは?【無料体験付き】この記事を見れば、最近人気のオンライン英会話Cambly(キャンブリー)についてを全体的に理解できます。気になる評判や口コミに加えてメリット・デメリットもお伝えしていきます。...
【キャンブリー登録方法】キャンブリー(Cambly)の登録方法・基本的な使い方5分で完了!cambly(キャンブリー)の登録方法です。基本的な使い方も合わせて紹介します。...